指導者紹介

>

[山崎ここプロフィール]中高は聖歌隊としてソプラノを担当、大学生からマーサ・三宅に師事しJAZZ Vocalを学ぶ。その後、大学在学中からマーサ・三宅ジャズヴォーカル教室で師範代として教え始める。結婚後、ヴォイストレーナーとして各プロダクションよりお預かりした歌手を指導していた夫とともに音楽出版社を立ち上げ自社アーティストの指導、プロデュースを行うようになり、アマチュアからデビューまでの育成及び直接メーカーへのプロモーションを行ってきた。アーティスト育成の傍ら海外にも目を向け、業界のニーズに答えるべくアーティストの経験とプロフィール構築のために、Hawaiiにおいてはヴォイストレーニング、ライブ。Los Angelesではヴォイストレーニング、ストリートライブ、ライブハウスにおいてライブなどを企画しアーティストのメジャデビューをいくつも成功させる。裏方に徹したその指導とプランニングは業界から高い評価を受けている。

平行して17年前より世田谷区において区民対象のJAZZ Vocalワークショップを立ち上げVocalの楽しさを指導。自らが出演した英語ミュージカル ”Danger Girl Women ”(2013)ではWhitney Houston のI Have Nothingを”Edelweiss”(2015)ではMy favorite songs, Climb every mountain をソロで歌う。2015年からはゴスペルクワイア J-Groove Choir のメンバーとしてライブ、コンサート等に出演。2017年10月 JAZZ Pops コーラスユニットMixVoxを立ち上げ年4~5回のライブを行う。2020年1月ライブ THAT’S THE MUSICALにおいて数々のミュージカル曲を、日本語で朗読Cat’sをミュージカル仕立てで行う。また、有名私立中高等学校のクラブ活動(英語クラブ)で15年ほどブロードウェイミュージカルをコーチとして指導してきた経験をもとに2018年よりKidsの指導を始める。有)オフィスヤマザキプロデューサー、演劇集団PRAXIS主宰。英検2級。