ヴォイストレーニング

ヴォイストレーニングは難しい、基本的なことばかり繰り返してつまらない…そうお考えの方もいらっしゃると思いますが、『ヴォイス』本来持っている声をまずは自分自身が認識するところからスタートしていきます。

特徴

普段話したり歌ったりする時に使っている声は持っている声のほんの一部です。ヴォイストレーニングは筋トレと同じで、いま持っている声をより負担なく出せるようにトレーニング(ここは地道ですが)、と同時に、弱いところを見つけそこを補いながら伸ばしていきます。でも決してつまらない繰り返しではなく様々な方法で刺激を与えつつ、メロディアスなオリジナル教材を使った楽しいレッスンを行っています。

費用について

入会金 ¥15,000-
月謝

¥8,000(月2回×30分)

レッスンは基本、月2回。最低単位は30分から。
1回30分×2回の月謝制です。 ご希望により時間延長、回数を増加することも可能です。
例:
30分×月2回|¥8,000月、
1時間×2回|¥16,000/月、
30分×4回|¥16,000/

日時 ご相談の上決定いたします。毎回、同じ曜日、時間でなくても可。
会場 世田谷区用賀 自宅スタジオ
※オンラインレッスン可
その他 楽譜、歌詞カード等はこちらで用意します。

※レッスン料は前月最終回のレッスン時に次月分を納めてください。 ※1ヶ月お休みする場合は¥3,500を申し受けます。その場合は復帰する月内で1回サポートレッスンを行います(20分間)

CASE【VOICE】

地声と裏声どちらがいいの?と悩むAさん
グループレッスンではいつもそつなく歌っていた彼女ですが、時々自分の声をどこに持って行ったらいいのか?と不安げな様子に私も気がついていたので、じっくりと声を聞いてみました。以前はコーラスをやってきていてファルセットは実際に使える音としてD-E。地声は実際に使える音としてA-G。自分の声の地声とファルセットの区別がわからなくなる時があるとのこと。

ファルセットの音量は過不足ないし、地声も多少弱目ではあるが裏声地声共に音程もボリュームも一般的。なので地声で出るところも気がつかないうちにファルセットになってたりします。反対に一点Cはファルセットでもなかなか出づらい。これは私にも経験があるのでわかります。ドー、ドホーと言うか途中で途切れる。典型のファルセット的生き方をしてきているという感じ…「地声は悪だって言われるというかそんな風潮が、、、」彼女の関わってきた音楽の世界の言葉、クラシック界ではよく言われるし、理解できる。よく訓練されたファルセットが芸術であると…全くの私見だし、ここでは何も恐れずに話すが、ファルセットは言葉一つ一つを表現する場合の感情を出すのが難しい。

単語、てにおは…地声とファルセット双方が使えれば歌を歌うためのたくさんのアイテムを持ったことになる。今回の個人レッスンではドレミレドレミレドをEの位置で地声と裏声で交互にゆっくり〜少し早めに。教材の4beet type2をA、B♭、Cと三種類のキーで。なん度も繰り返してどのキーの時にどの音を地声で出し、どの音をファルセットに変えてみるかを実感してもらった。Aさんが自分の声の一部を確かに掴んだと私にも伝わった良いレッスンだったと思う。Aさんのようにファルセットでほとんどの曲が歌えてしまうけれどカラオケなどにいくとどうもしっくりこないと感じる人は、自身の地声を自覚し、地声と裏声のコントロールを身につけることが第一段階だと思います。

喉の手術を受け、長い間歌っていないので声が出ないとご心配なSさん
まず音域を聞かせていただき、不安感を持っていただきたくなかったので声帯の説明、体のリラックスについて、メンタルの持っていき方を説明しながら楽にでるC-Gまでを数種類の方法で歌っていただくと20分ほどで音量は最初の3倍になり、御本人にも笑顔がみうけられました。

声が出るようになったら…と、MixVox(現在休止中)にも興味を持っていただいたので今後メンバーになってもらえるようこれから自信を持って声を出せるようにレッスンをさせていただきたいと思います。

指導者プロフィール