ヴォイストレーニング

>

入会金:10,000円 月謝:6,000円(30分×2回)
自スタジオで完全個人レッスンです。日程、レッスン形態、希望時間等ご相談ください。
年齢に関係なく受けていただけます。帰国子女の方のレッスンも増えています。

ヴォイストレーニングは個々の方の不得意なところを探し出して強化するプライベートスタイルです。ステージで歌うことを想定したレッスン、歌の好きな方、カラオケを楽しみたい方、サークルに入っていてその中でさらにご自身を磨きたい方などがレッスンをされています。そしていちばん大事な楽しんでレッスンを続けていくことを目標としています。レッスンは自スタジオて対応しています。最低30分からご希望の長さをお選びいただくことが可能です、初中級は30分3000円からお受けできます。上級は ヴォイストレーニングに加えてアドリブフェイクに特化した指導をいたします。30分5000円から。業界で通用するプロのレッスンを手頃な価格で受けてみませんか?

 

クラシックからJAZZ、Popsへ と悩むAさんのケース
いつも自分の声をどこに持って行ったらいいのか不安げな様子に私も気がついていたので、時間のある今日はじっくりと声を聞いてみました。以前はコーラスをやってきていてファルセットは実際に使える音としてD-E。地声は実際に使える音としてA-G。自分の声の地声とファルセットの区別がわからなくなる時があるとのこと。ファルセットの音量は過不足ないし、地声も多少弱目ではあるが裏声地声共に音程もポリュームも一般的。なので地声で出るところも気がつかないうちにファルセットになってたりする。反対に一点Cはファルセットでもなかなか出づらい。これは私にも経験があるからわかる。どー、どほーと言うか途中で途切れる。典型のファルセット的生き方をしてきているという感じ、、、「地声は悪だって言われるというかそんな風潮が、、、」彼女の関わってきた音楽の世界の言葉、クラシック界ではよく言われるし理解できる。よく訓練されたファルセットが芸術であると、、、全くの私見だし、ここでは何も恐れずに話すが、ファルセットは言葉一つ一つを表現する場合の感情を出すのが難しい。
単語、てにおは、、、地声とファルセット双方が使えれば歌を歌うためのたくさんのアイテムを持ったことになる。本日のレッスンではドレミレドレミレドをEの位置で地声と裏声で交互にゆっくり〜少し早めに。教材の4beet type2をA、B♭、Cと三種類のキーで。なん度も繰り返してどのキーの時にどの音を地声で出し、どの音をファルセットに変えてみるかを実感してもらった。Aさんが自分の声の一部を確かに掴んだと私にも伝わった良いレッスンだったと思う。Aさんのようにファルセットでほとんどの曲が歌えてしまうけれどカラオケなどにいくとどうもしっくりこないと感じる人は、自身の地声を自覚し、地声と裏声のコントロールを身につけることが第一段階だと思います。
喉の手術を受け、長い間歌っていないので声が出ないとご心配な Sさん
まず音域を聞かせていただき、不安感を持っていただきたくなかったので声帯の説明、体のリラックスについて、メンタルの持っていき方を説明しながら楽にでるC-Gまでを数種類の方法で歌っていただくと20分ほどで音量は最初の3倍になり、御本人にも笑顔がみうけられました。声が出るようになったら…と、MixVoxにも興味を持っていただいたので今後メンバーになってもらえるようこれから自信を持って声を出せるようにレッスンをさせていただきたいと思います。