プラクシス(PRAXIS)とは…

>

epraxisプラクシス [praxis] 〔哲〕対象に対して実践的に働きかける行為的態度。実践。実行。

プラクシス [praxis] 〔哲〕対象に対して実践的に働きかける行為的態度。実践。実行。
演劇集団プラクシス(Praxis )は 各アーティストおよび公演作品、役者の個性を生かせるように制作からプロの目線で作り上げています。PraxisMusicの設立は2003年、(有)オフィスヤマザキのなかで常 に前向きにオリジナリティーを追及し実践するアーティストのための音楽制作レーベルとして発足したが、その後アーティストプロデュース、ライブ等の企画制作を経て、2006年より演劇制作を手がけ、現在は演劇集団PRAXISとして公演、作家、役者、プロデューサーの発掘、育成も行っている。

PRXISを立ち上げてから11年がたちました。発端は一人の役者がやりたいと願う作品をやらせてあげたい・・・つまりプロデューサ的アプローチ。オリジナル脚本を作り出す若い作家達といくつもの作品を作ってきました。有名な人は出演していない、業界的にも商業的にも成功しているとはいえない、それだけをみたら私自身、プロデューサーとして有能とはいえないかもしれません。今かかわっている作家達が活躍する頃、私はもういないでしょう。それまでに私ができること、それは作品をこの世に生み出したいと願っている作家や役者をバックアップすること。そのために常に新しいことに挑戦し続けていきたいと思っています。

ものづくりをするには、私自身がその場に居る事。 それが大事だと思っています。制作というプロの仕事、 これは芝居、音楽に限らず僭越ながら天職だと思っています。 ただ、ものを作り上げる辛さ、悩み、迷いを 常に現実のものとして身体で感じる事は いい作品、いい役者、いい創作者と出会い、作品を完成するためになくてはならないものだと思っています。 これが私のスタンスであり PRAXISの立ち位置であります。 一つの公演の持つ意味。その公演の持る力をどうやって積み上げ今後の基盤していくか? わくわくするじゃありませんか。 私自身が物理的に燃え尽きるまで精一杯高熱を発していきたいと思っています。 一緒にものづくりをしていきたいと 思われる方のコンタクトをお待ちしています。

演劇集団PRAXIS 主宰 山崎ここ

 

その他
演劇集団PRAXISでは基本的にチケットノルマ、稽古場代は設定いたしておりません。
公演スタッフはプロとして活動している方をお願いしています。
衣装に関してはオリジナル現代劇がメインですので負担が少ないことを考え自前のものを使用しています。
ヘアメイクも特別のことが無い限りご自身で行っていただきます。
プロデュース料として経費合計の10%を公演総収入よりいただきます。
ライブハウスでの企画公演について
本格的小劇場で行う本公演以外に気軽に飲み物を飲みながら30分程度の短編を楽しんでいただきたいと思いライブハウスを会場とした単発の公演を企画したものです。 芝居を見る機会のあまりない方にも手軽に観ていただけるように短時間、比較的低料金のものを用意いたしました。 ライブハウスという空間でリラックスして楽しんでいただければ嬉しいです。
自宅劇場
不自由を楽しみつつより自由に、昼間は明るく、夜は暗く。何ができるのか?個人宅で行うチャレンジ公演。
若手プロデューサー育成
Vol.4『Move!』が2008年12月22.23日に公演決定と同時にプロデューサー育成の一環として新人プロデューサー小瀬幸一を起用。
2010年11月、独立のため契約解除。

プロデュースを希望する者には舞台制作において実践を通し経験を積み上げてもらい独自のプロデュース体系を構築していけるように指導。脚本家とは作品の出版契約を結び作品を管理するとともに、年間を通しコンスタントに作品発表のできる場を確保し尚一層の成長をバックアップしている。

契約作家
2008年 脚本家 にしむらゆみ  と作品の出版契約を結び作品を管理。
2010年 脚本家 そんみん  と作品の出版契約を結び作品を管理。
2014年 脚本家 相澤侑太 と作品の出版契約を結び作品を管理。

※演劇集団PRAXISでは常に契約脚本家、プロデューサー希望者を募集しています。