ブログ

インタビュー#05 みきまりあ|私ももっと自由に思うままに生きていいんだ。

路上ライブを経て、帰国。

初めての海外で初めてのLAだったので不安は沢山ありましたが、行ってみたら見たことのない新しい景色でした。建物が可愛かったり、個性的なファッションをしている人ばかりだったり、空がすっごく広かったり。純粋に世界は広いんだなと思いました。英語は全然話せなくて語彙力は不安しかなかったけれど、案外ジェスチャーや笑顔でいれば通じるものはあるんだと実感しました。この気持は忘れないようにしたいです。あとは、LAで本当に色んな人が路上ライブをしていて、自由に演奏してたり踊ってたり歌っている人に対して、お客さんも素直に反応している姿を見て、私ももっと自由に思うままに生きていいんだと思いました。明るい街と明るい人のおかげで伸びと伸びと過ごすことができました。

サンタモニカでやった路上ライブでは、事前に申請書を出せば許可が下りて自由に路上ができますが、日本では路上していい場所が少なく、最近では路上ライブで逮捕されている報道も目にして、悲しいことだと思いました。日本でも路上しても良い場所がもっと増えるといいなと思いました。

みきまりあ(16歳)

ライブで飾った看板はLAに来てからみんなで作ったのですが、もっと派手にしたほうが視線が集まったかな。充電器、パスポートやお財布を入れる首下げのポシェットは便利で、持って行ってよかったなと思いました。

私は歌とダンスをやっていて、どちらも大好きなので続けていきたいと思っています。どちらかを中途半端にしたくないので、どっちも極めたいです。また、ギターもやっているので全体的に技術をもっと高めていきたいです。ピアノも練習中です。将来的には歌うことも踊ることも弾くこともできる人になりたい。またLAに行くなら、観光、勉強、経験、全部したいです。まだまだ見たことない景色は沢山あると思うし、行ってみたい場所も沢山あります。英語も話せたらもっと楽しいんだろうなと思ったので英語も話せるようになりたいです。また路上ライブもしたいです。とても楽しかった。

関連記事

ページ上部へ戻る