ブログ

インタビュー#02 影山奈々美|大きな目標のために歌のことを常に考えながら一歩ずつ前に進んでいきたい

現在34歳。ベーカリー勤務。大きな目標のために決して楽ではない生活でも歌のことを常に考えながら一歩ずつ前に進んでいきたいと思っています。生活学生時代はバスケ、ソフトテニス、ソフトボールをこなすスポーツ少女、英文学を専攻し卒業後は地元で公務員として働いていましたが、姉に付き合って行ったCHAGE and ASKA のコンサートでステージをサポートするコーラスのすばらしさに衝撃を受けました。そして一瞬で魅了されてしまいました。

早速コーラスワークを勉強したいとスクールを探しましたが、地元の島根県には見つからず、東京まで月に1回レッスンに通うという熱心なコーラスファンとなってしまいました。月1回とはいえ東京まで通うことの大変さはもとより、もっと勉強したいという気持ちが抑えられず、ついにレッスンのために東京に住むことを決めてしまいました。そのときの強い気持ち。それが私の原動力でもあると思います。

影山奈々美(34歳)
ベーカリー勤務、島根県松江市出身

思い切り歌えていないもどかしさ…それを切り替えるチャンスにしたい

今回LAに行くことは募集を見てからほとんど迷いませんでした。費用のことをちょっと心配しましたが1週間も悩むことはなかったです。自分自身ライブなどで歌っていても”思い切り歌えていないもどかしさ”を感じています。そんな思いを切り替えるいいチャンスになればと思いました。東京に住んでいる今、教えていただいている先生に紹介していただいたコーラスグループで歌ったりライブで歌ったりとにかく止まっていることだけはしたくないです。

曲の持っているメッセージを私の歌で届けたい。

あんなに長いと思った準備期間もあっという間でした。初めてのことばかりなのでいろいろ悩むより、とにかく歌の練習、細かいところや歌い方のチェックをしています。あとは聞いてくれる人とどんな形でも良いのでコミュニケーションをとりたいです。英語は得意ではないけれど積極的に話しに行きたいです。そのために自分のFacebook のアドレスを書いた名刺を準備していき、一緒に写真を撮らせてもらったり、OKならばその写真をFacebookに載せて感想をもらえたりしたら…本当に嬉しいなと思います。

今回のLAでのストリートライブは ”届けたい”この言葉が私のキーワードです。今は思いきり歌えている実感が無い、自信が持てないなど課題がありますが、今回はメッセージのある歌を選んだので、立ち止まって聞いてくださる方に私の歌やメッセージが届くように心をこめてしっかりと歌っていきたいと。チェンジとチャレンジの気持ちでLAでの時間を大切に思い切り楽しくすごしたいと思っています。

今、自分自身が夢を持っていること、そのこと自体に励まされる。

今の目標はもっともっと勉強して将来は大好きなナオト・インティライミのコーラスメンバーになりたい。叶うかどうかまったくわからないような大きな夢ですが、今、自分自身が夢を持っていること、そのこと自体に励まされてこれからも頑張っていこうと思います。

路上ライブを経て、帰国。

I ♡LAになってしまいました!何よりも歌うことを楽しみました!
解放的で、気持ちよく、お客様の顔を見て歌えたことが、楽しめたことに繋がっているのだと思います!
カラッとした天気、風も心地よく、人もいい意味で大雑把なとこ大好きです。その反面、貧富の差を感じる場面は何度もあり、複雑な気持ちにもなりました。
歌の感想を聴いたり、何がよかったか伝えようとしてくださっていることを理解したりするなど、コミュニケーションが取れるように英語は話せるに越したことはないと思いました。あと、何か楽器ができるといいなと思いました。浴衣を着ようかははっきり決めてなかったですが、着たらすぐに、日本人とわかりますし、反応もよかったと思います。ちゃんと着付けてくれる友達がいたことに感謝です^ ^

LAにいた1週間で自分の中ではいろんな気持ちが巡っていました。
ツアーに参加したことで新しい刺激や以前抱いていた、気持ちを思い出したりしましたが、夢みていることは変わりないです!!もともと、音楽のある楽しい空間が大好きで始めたのに、音楽を楽しむことを忘れかけていました。音楽を始めた時の気持ちを思い出し、そして、楽しい空間にするために、日々の積み重ねをしっかりやりたいと思います。
また、LAに行く前、おもいっきり歌えないなとずっと悩んでいました。しかし、それを悩むよりも、自分の歌に関して新しい可能性がないか探ってみたり、より良いものにするために研究したり、その方がずっといいと思いました。何のために、音楽をやるのか、思い起こさせてくれた旅になりました。

今、再びLAに行くとしたら、「住みたい」です笑。
でも、真剣に短期間でも行ってみたい気持ちは強くなりました。もし、行けたら、もっと路上で歌って、お客様の反応を見たり、コミュニケーションとったりしたいです。
また、他のアーティストの演奏や歌を聴いて、そういう方とも繋がりがもてたらいいなと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る