代表挨拶

>

山崎 泉
【オフィスヤマザキ代表、ヴォイストレーナー】

アーティスト発掘、プロデュース、原盤制作及びレコーディング管理、作編曲家育成。、またアーティスト契約、出版契約など、音楽著作権管理等の法務関係に強く作品及びアーティストの権利を守っている。

山崎泉 (Izumi Yamazaki) 略歴

フィンガー5についてオフィスヤマザキ代表 山崎泉が取材を受けた番組が放映されました。

私には常に新しいアーティストと会う用意があります!

大好きな音楽を仕事として目指す気持ち。私にはよくわかります。それは若かりし頃の私自身が通った道でもあります。幸い私は周りの人に恵まれ21歳のときにメジャーから私の作品でレコードを出す事が出来ました。しかしその時代ですら志を同じくした仲間すべてがデビューできたわけではありません。
現在はかつての時代とは大きく変わりパッケージ、ライブ、ツアー、配信、すべてにわたってお金さえ払えば手軽に手に入る時代でもあります。数社しかなかったレーベルも今では数え切れないほどに増えています。
幸運なことに私はプロの為のヴォイス&ヴォーカルレッスンを元にスタートし高い評価を得ました。その経験を生かし独自の指導方法でアーティストを見出し育てること、メジャーで生きていける資質を持ったアーティストをメジャーへつなぐ。かつて自分自身が経験したアーティストの目線に立ち、アーティストの権利を守り存分にその才能を開花させていける場を作りたいと思っています。今後も制作から権利関係の保護を含めアーティストとして活躍させメジャーデビューをさせているという経験を活かし次世代を担うアーティストの発掘を行っていきます。

「願い続ければ夢はかなう」 確かにそうです。

しかし、がむしゃらに進むのではなく、そこには適切な アドバイスが必要です。私は目標を持ちそこに向かっていくパワーを持っている人が大好きですし、現状はどんなにいいアーティストがいてもすべてを見ることは不可能です。ですから是非気軽にライブ案内、CDリリース情報などメールフォームからご連絡ください。私には常に新しいアーティストと会う用意があります。

(有)オフィスヤマザキ音楽出版 代表取締役社長  山崎泉

山﨑貴美子(山崎ここ)
【音楽プロデューサー、JAZZ Vocal 、朗読劇ワークショップ指導】

音楽業界でビジネスをしてみませんか?

『チャンスは目の前にあるものではない。挑戦をするなら覚悟してきて欲しい。私をやる気にさせるアーティストと一緒にものづくりがしたいです!!』

アーティスト発掘及び育成。個々の特性を見いだしたアーティストプロデュースを得意とし、レコーディングディレション。イベント、ライブ、番組等の企画制作。舞台公演の制作を行う。(有)オフィスヤマザキ音楽出版は、数あるプロダクションとも違い、仕事を斡旋したり、そのための営業を行うところではありません。

私達は、アーティストの立場に立って、その楽曲やアーティストをメジャーの世界に送り出す。そのことをだけ念頭に置き、アマチュアであっても、しっかりとアーティストの権利を守られた状態で、安心して創作活動に専念ししていかれる状況を作っていきたいと思っています。個々のアーティストにとって何が一番必要か、また本人の希望を可能な限り生かしながら、プロとして活躍が期待できる人材であるかどうかを判断し、可能性を期待できる人には、ステップアップができるようにサポートしていきたいと思っています。音楽業界で生きていくことは、アーティストであることと同時に、自分達の音を価値のある商品として売ることの出来る、有能なビジネスマンでなければならないと思います。

成功するには知らなければならないことがたくさんあります。情報は日々更新され、諸先輩から聞いていた失敗や成功の話も、立場や時代が違えば役に立たない事も多々あります。またこの業界はアメリカンドリームという言葉に代表されるようなチャンスも、全くないとはいえないのが現状です。将来、あなた方を売ってくれるかも知れない会社にも、当然権利があります。しかし、権利は自分達を守り、自分達の作品を守る大切なもので、見過ごす事は出来ません。権利を正当に主張し、認められてこそ、初めてミュージシャン、アーティスト、作品等の価値も、プロとして認められたことになると私は信じています。

わき目もふらずに音楽に浸り、仲間と演奏し、ライブで発散する…それは音楽で生きて行きたいと思う人たちにとって、「人生の最大の楽しみ」であってすばらしいことですが、決してプロへの道ではないと思っています。なぜならプロは、自分が楽しむ前に、お客様を楽しませることを生業とするものだからです。そしてそれができるのは本当に数少ない人たちです。

必死に研究し、さまざまな就職活動をして音楽業界の正社員となる覚悟のある人と私は、新たな音楽シーンを創って行きたいと思っています。私達と共に音楽業界でビジネスをしてみませんか?

(有)オフィスヤマザキ音楽出版プロデューサー 山崎貴美子